映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:映像制作 ( 4 ) タグの人気記事

久々の更新ですが、今回はあまり代理店や制作会社の方々も話したがらない制作費についてちょっと触れたいと思います。

最近、様々な案件で見積りの要望をいただくことが増えてきました。「景気動向も上昇気流か?」などと期待しながらも、「ん、相見積か?」などと感じるご要望も充分ありますので、過度の期待もよくありませんが…ただ私自身見積りを作成していても“最近は映像制作のコストって技術の進歩でかなり抑えられてきたなぁ” と感じることが多いです。15年前と現在の制作費にかかる費用を比較してみるとその低コスト化はほんとに一目瞭然です。(下図参照)

その理由のひとつに映像機材の技術の進歩があります。今から15年ほど前にはテレビ番組でも、VPと呼ばれる企業用のパッケージ物でも、撮影にはβカム(ベーカム)や、デジタルベーカム、DVCPROなどいわゆる肩のせのENGカメラを使用してきました。当時はこれらのカメラは撮影技術のスタンダードカメラで、その使い勝手、画質においてメインストリームを歩いていました。編集システムも同じように業界標準でハイスペックな編集環境を使用するのが一般的でした。ところが時を経た現在、地デジ移行での技術開発も相まって撮影環境、編集環境は急激に進歩を遂げ、これまでのβカムやDVCAMと同じ画質で映る業務用HDカメラが格安で売り出されたり、ノンリニア編集(パソコンでの編集システムのことです)の環境整備、安価なパソコンの高スペック化で、DVDを制作したり、VPを制作する制作費は大幅にコスト削減できる様になりました。またテープレス化で素材費も削減可能と、機材費だけでなく制作費も安く押さえる勘所が増えているのです。

この技術の進歩が生んだコスト削減の幅は単純に換算しても撮影費 3~4割減、編集費 3割減、単純に見積もっても、トータルでも3割は制作費がカットできる計算だと思います(15年前と同じ作業をしたとして、です)。一方でモーショングラフィックスやCGなどといった視覚に訴える技術が手軽に表現できるようになったことで、表現に幅も出ましたし、部分的にコストが必要になったところもあります。

しかしながら時代の進歩によって得た恩恵は十分あるのですから、
企業の映像制作発注者の方々も信頼ある代理店などへの発注もいいのですが
顧客にとってどういった映像表現が大事なのか、と真剣に考えてくれる
中小の映像制作企業にも眼を向けてみてもいいのかなぁなんて思います。


※ちなみに以下、企業のリクルート用ビデオを想定した15年前と現在との比較です
(ざっくりではありますが、VTR尺 10分程度、同等の内容、制作期間1か月程度、現在の制作費は弊社を想定しています。
c0162328_19201415.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-08-28 16:37 | お仕事:映像制作

戯言2010

番組制作、映像制作の世界というのは特殊な業界で、映像の作り方・ノウハウを覚えてる過程というのが、ある種師弟制度のような関係性で技術を覚えていくようなところがあります。私にも、ものづくりの師匠となった方が2人おり、それぞれ映像を作る上での考え方をみっちり叩き込まれました。

昨日、そのうちの一人のお師匠さんに遅ればせながら新年のご挨拶にお伺いしました。お師匠さんは現在、現場でものづくりをすることをなかば禁じられ、プロデューサー的立場の仕事を粛々とこなしてらっしゃいました。お師匠さんは『給料いらねぇからものづくりさせろ!』と冗談のように言ってましたが、おそらく映像職人的な、クリエーター的なスタンスの方ほど、おそらくこのような気持ちでいるんじゃないかと思います。今日はもうお一人のお師匠さんと新年会です。こちらのお師匠さんとも、きっと同じような話でも華が咲くでしょうし、それでいてこちらのお師匠さんはあたらしもの好きなので、独自のビジネスアイデアの話などでも話が広がるでしょう。

私も最近は営業や新たな事業計画の構築と今やるべき事を必死に取り組んでいます。でもやはり私も根っこがクリエイターなのでしょう、現場に出たいという思い、ものづくりの職人魂が暴走しないよう務めながら、今日も会計ソフトを立ち上げています。2人のお師匠さんを見習いつつも、未熟ながらも社長としての責務を果たしていきたいと強く思う今日この頃です。
[PR]
by imao001 | 2010-01-21 19:09 | 日記
ここではあまり代理店や制作会社の方々が話したがらない内容にちょっと触れたいと思います。ちょっとボリュームが多いですがお付き合いください。実は近年、

“映像制作にかかるコストは技術の進歩と共にかなり抑えられてきた”

といえると思います。15年前と現在の制作費にかかる費用を比較してみるとその低コスト化ははっきり分かります。その理由のひとつに、実は技術の進歩にあります。今から15年ほど前にはテレビ番組でも、VPと呼ばれる企業用のパッケージ物でも、撮影にはβカム(ベーカム)や、DVCPro、DVCAMと呼ばれるカメラを使用してきました。当時はこれらのカメラは撮影技術のスタンダードカメラで、その使い勝手、画質においてメインストリームを歩いていました。もちろん編集システムもβカムやDVCPro、DVCAMを使用しての作業でした。ところが時を経た現在、放送業界などでは地デジの移行に伴い撮影、編集共にHDCAM化を余儀なくされています。ところがβカムやDVCAMなどはDVDやウェブコンテンツの撮影・編集にはまだまだ現役。

技術の進歩でこれまでのβカムやDVCAMと同じ画質で映る業務用カメラが格安で売り出されたり、テレビ業界では需要の減ったβカム、DVCAMなどの撮影機材が暴落し、おまけにノンリニア編集(パソコンでの編集システムのことです)の環境整備、安価なパソコンの高スペック化で、仮にDVDを制作したり、VPを制作すると制作費総額は大幅にコスト削減できる様になったはずです。

この技術の進歩が生んだコスト削減の幅は単純に換算しても撮影費 4割減、編集費 4割減、単純に見積もっても、トータルでも2割は制作費がカットできる計算なのです。(15年前と同じ作業をしたとして、です)

一方でモーショングラフィックスやCGなどといった視覚に訴える技術が手軽に表現できるようになったことで、部分的にコストが上がったところもあります。しかしながら時代の進歩によって得た恩恵なのですから、企業の映像制作発注者の方々は10年、15年前と同じ予算を要求するような代理店よりも、企業努力を忘れず顧客にとって何が大事かを考えてくれる中小の映像制作企業に眼を向けてみてもいいのではないかなぁと思います。


※エキサイトブログ、なぜかテーブルがきかない…
[PR]
by imao001 | 2009-01-27 00:35 | お仕事:映像制作
このブログをごらんの皆様、また、お仕事などでお付き合いさせていただきました皆々様、本年中は大変お世話になりました。おそらく本年最後の投稿となりそうなので感謝の言葉と共に思ったことを書き連ね今年の〆とさせていただこうと思います。

まずはこうして大して面白くもないブログに足を運んでいただけることに本当に感謝しております。最近このブログが個人的な映画鑑賞後のレビューになっていて恐縮ではありますが、今後は書評であるとか、仕事がらみでの技術的なことも書いていきたいと思います。ちなみに私は大学時代から個人的に印象に残った映画は映画評論的なものをつけてきたので、ブログを書き始めてみるとこれまで継続していた映画評論のようなものがブログ継続のために適していると考え、こうして映画評論がやや多めの展開になっているわけです。

このブログを始めて、意外に人に見られる・読まれるという前提で文章を書くのは難しいということも充分知りましたし、忙しさにかまけてついついブログ更新を怠ろうとする自分の怠惰な姿勢にもイヤというほど気づきました。定期的に事を継続する余裕も気力もあまりない自分ですので、月に1本程度書いてればいいだろうと思ってましたが、僅かながらでも毎日読んでくれる読者がいるということで、極力更新を心がけました(といいながらそれでも『ほぼ週刊イマオ新聞』状態でしたが…)。来年もしっかりと、楽しいブログが書いていけるよう頑張りますので、もしこのブログのことを思い出しましたらトラバでも、コメントでも、直接でも、何でもかまいませんので是非感想の言葉がいただけるとうれしいです。

それでは、良いお年を…
祝新的一年、発大財


株式会社ジーマ

代表取締役 香川今生
[PR]
by imao001 | 2008-12-29 16:16 | 日記