映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:地デジ ( 3 ) タグの人気記事

先日、とある専修学校「新しい放送、 地デジ後のメディアとコンテンツ」という興味深いテーマで公開講座をやっていたので激務のさなかではありましたが足を運んできました。

個人的には確かに地デジ、ワンセグから先の、10年先のテレビメディアってどこへ向かっていくんだろう…という思いも常々ありましたので、パネリストもなかなか面白そうだったし、ビジネスのネタになるかな~、といってみました。感想から言うとちょっと物足りなかった。常日頃(マスメディアの中にはいるものの)現在のマスメディアのあり方に疑問を感じてきた自分としては、マスで無くなりつつあるテレビや新聞、雑誌というメディアが、どう未来を切り開いていくかに関心を持っています。そして現在のいわゆるマスメディアの方々には、未来のメディアを切り開いていこうという自分のような果敢な人間(向こう見ず?)や、小規模でもメディアを面白くしていこうという同じ志を持った企業人たちに、ある意味良い触媒だったり、知恵袋になって欲しいと思っているのですが、ちょっとパネラーのマスのメディア人は旧来型の思考から抜け出せていない。若いパネラーの方などはいいのですが、いわゆるマスメディアの方の話を聞けば、そのビジョンの無さはテレビ技術を先頭で舵切る人物だったり、MITのメディアラボで長らく過ごした大新聞社社員とは到底思えない…

別段今後のメディアの道筋を求めているわけではないし、何かしらの答えを求めていたわけではなかったのだけれども、講座に伺ってみて得た確かな答えは『やはりマスメディアの内部から未来のメディアを牽引する力はもう残っていないのだな…』という諦めに似たモヤモヤ感だけでした。いまのマスメディアを牛耳っているのはそれこそ○○さんとか、××さん(お好きな方を当てはめて下さい)とかな訳ですから、自浄作用はもはや期待できず、未来のメディアを作り上げる気概も無く、彼らにはそれぞれの企業の凋落を沈み行く太陽のように眺めるしか道はないのでしょうか。どうも釈然としない公開講座でした。

※ちょっとモヤモヤ感がたまりすぎてこんなところに吐き出してしまいました…読んでいただいた方で、何かしら感じた方、これからのメディアの未来についてご意見だったり、お叱りだったり何でもいいのでコメント、トラバお待ちしております。う~ん、人選間違っていたのかなぁ… なんだろう、このモヤモヤ…

c0162328_2120141.jpg
[PR]
by imao001 | 2009-09-27 21:21 | お仕事:映像制作

選挙対策でしょうか…

詳しくはこちらをご覧頂くとしまして、まぁ、公明党のアナログテレビ買い取り法案(結局ドタバタのうやむやで幕引きのようですが)に続き、与党から公共施設地デジテレビ配備法案が出されようとしているようです。いやこれに関して法案化していくぶんには悪いことではないかと思うのですが、なぜこのタイミングなんでしょうか?政府の追加経済対策に盛り込むということですが、これって経済対策になるのでしょうかねぇ。

学校や社会福祉施設、公民館のテレビなんかは自分たちが身銭切って買うものではなく、互助会費や運営者、経営者の裁量で購入されてるのではないかと思うので、ぶっちゃけ経済効果が現れるとも思えないし来年の法案提出まで待ったほうがより正確に配備に必要な予算が見積もれると思うのですが。

ま、公共事業に力を入れるよりかはましですけどねぇ…

すでに経済対策に公共事業が入ってるんですから今更ですけどねぇ…

いつまでたっても国として産業の構造改革は無理なんですかねぇ…

でもやっぱり小市民ですからグチしかいえないんですよねぇ…

やっぱり選挙対策なんですかねぇ…

<地デジ対策>公共施設にテレビ、年内200万台配備…与党
[PR]
by imao001 | 2009-03-18 21:55 | 日記

地デジ 大丈夫!?

年が明け、明るいニュースでブログのスタートを切っていきたいものですが、そう簡単にはいけそうもないですねぇ。下の記事は日本もおそらくは混乱が予想されるであろう“地デジ放送開始”のこと。タイトルは『今年2月17日の米デジタル放送開始にオバマ新政権が“待った”』とあり、内容でもおそらくは2年とちょっと後には日本でも話題になりそうな事柄が書かれています。

以下本文を少々引用しますと…

米の新オバマ政権が8日(木)アメリカ連邦議会に対し、2月17日(火)に開始が予定されているデジタル放送への移行の延期を求める案を提出した。 …中略… 現在の移行案は「非常に困難」であり、「問題点をそのままにしておくことは一般消費者に多大なる影響を及ぼす」ことになる。また、「変換のための政府予算は非常に不適当」だという。(バラエティ・ジャパン)

などと伝えているのですが、これ、日本もほぼ同じことが起こるといえます。その為受信機購入のための補助も議論されるでしょうし、地デジ放送完全移行延期の話題もおそらく取りざたされるでしょう。また、現在の景気の冷え込みが、今年、来年の一般家庭家電のデジタル移行の障害になるのは眼に見えてます。

それ以上に私が危惧しているのは、番組制作側のデジタル化への移行が猛烈に遅い!ということです。局の資本が入っているような大きな制作会社にはテクニカルに強い方はいらっしゃるかもしれませんが、多くの中小制作会社は機材導入もままならず、ハイビジョンでの番組制作にも未熟な会社が必要に迫られ、結局は粗製濫造を繰り返すのではないでしょうか。これまでのSD放送時のように制作管理が出来ずコスト高になって四苦八苦…ということも起こる可能性もあるのではないでしょうか。当の番組制作会社だけでなく局のほうにも(ローカルも含めてですが)、記事のような事柄や、制作体制の移行の点もこと地デジ放送に関しては高い認識が必要ではないかと思います。

Excite エキサイト : 芸能ニュース『米デジタル放送開始にオバマ新政権が“待った”』

c0162328_1427256.jpg

[PR]
by imao001 | 2009-01-10 14:29 | 日記