映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:三浦しをん ( 1 ) タグの人気記事

この映画「風が強く吹いている」三浦しをん原作の小説を映画化した作品です。漫画化、舞台化などもされ、様々な形で世に出ているようですが、個人的な感想を言えばおそらく小説が一番良いのではないかなと思います(舞台は見てないのですが…)。個人的には三浦しをんさんの作品は「まほろ駅前多田便利軒」が好きなのですが、「風が強く吹いている」も楽しんで読める作品でした。

映画の方はというと脚本家出身の大森寿美男さんがメガホンを取り(この作品が初監督作です)、主演のハイジ役に小出恵介、カケル役に林遣都、その他、斉藤慶太・祥太兄弟や中村優一、ダンテ・カーヴァー、水沢エレナなども出ていてなかなか面白いキャスティング、かつコストパフォーマンスが高そうな布陣です。他のスタッフ構成で特筆すべき方はいないものの(音楽:千住明)、映画を観るとわかるのですが、結構大掛かりな作品になってますので、スタッフのご苦労も相当だったと思います。キャスト、スタッフ一丸となって取り組んだような空気が映画を構成していてその力強さは作品に良い影響を与えています。物語は、箱根駅伝出場を目指す大学駅伝チームを舞台に、寄せ集めのチームが様々な困難を乗り越えて、奇跡の箱根駅伝出場、そして好成績をたたき出すという王道ストーリーです。映画にしようとすると非常に大掛かりになり、ヘタをすると粗ばかりが目立つ映画になりかねないストーリーですが、細かい点では粗はあるものの、決して手が抜かれていない良い作品です。特にラストの箱根のシーンは正直、本当に役者の方々が箱根駅伝を走っているのか?と見紛うばかりの迫力。実際の箱根駅伝も撮影はしたようですが、役者がらみの個々のシーンは、俳優陣、スタッフ陣、エキストラの方々一体となって撮影されたようで、クライマックスを見るだけでも充分に感動できそうです。また出演している俳優たちの走る姿がとても美しい!特に林遣都さんのフォームの見事さ、大きなストライドはまさにマラソンランナーそのものです。個人的にはあまり体育会系の王道映画は好きではないのですが、初監督にしてはなかなか小気味良い展開でしたし、盛り上げの強弱も良いリズムで流れていて、ちょっとスポコンものというか、スポーツものも毛嫌いせず見ないとイカンなぁと感じさせてくれた作品です。ちょっと落ち込んで元気が欲しい時なんかに見ると、とっても勇気づけられる映画です

※制作のはじめの頃からつけられているブログはなかなかの内容で、キャストのファンやエキストラなどで参加されている方々にも情報がうまく伝わって、非常に良いプロモーションになっていたのではないかと思います。仮にお金はなくても、少しの創意工夫と努力で、ファンを引きつける作品ができる良い例かなと思います。

※強風の3月20日に書いてみました。

「風が強く吹いている」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

c0162328_0255414.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-03-20 22:16