映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:カサヴェテス ( 1 ) タグの人気記事

上京以来、よく楽しみに観に行っていた映画祭の一つがPFFぴあフィルムフェスティバルでした。現在、その第32回ぴあフィルムフェスティバルが東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中です。仕事を始めてからは興味があるものに絞って足を運んでいましたが、今回は招待作品上映に惹かれる映画があるのでちょこっと告知(行きたいけど涙を飲んで我慢です)。

今回招待作品で特集されているのが、NYインディーズの雄、ジョン・カサヴェテスです。ニューヨークを舞台に、インディ独特の荒々しさ、生々しいインプロ、被写体をぐっと捉え続けるハンディのカメラ描写等々、この監督を褒めるのに正直、言葉を重ねる事など無意味だと思うくらい、カサヴェテスの映画を見た時の衝撃は素晴らしいです。ですのでみなさんも興味をもたれたら是非、その鷲掴みされる映像を体感してみてください。今回は「アメリカの影」「フェイシズ」「こわれゆく女」の三本が上映されます。

個人的には大学時代にちょうど公開された「アメリカの影」「フェイシズ」などは、アメリカンニューシネマにかぶれたアート系学生をノックアウトするには充分すぎるくらいのインパクトでしたし、「こわれゆく女」は見た後、このような監督がいるならば自分がどういった映像表現をしようと太刀打ち出来ない、と茫然自失になった記憶があるくらいの衝撃的出会いでした。私の中での三大巨匠にすぐさまランクインされ(ちなみに残り二人は、テオ・アンゲロプロス市川準という両極端の巨匠です)、翌日、すぐさま友人たちにオススメしていたのを覚えています。ニューヨーク・タフディレクターの体重が乗った骨太パンチ 三本、是非見てみてください。

c0162328_059357.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-07-21 00:07 | 日記