映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:ウィル・スミス ( 2 ) タグの人気記事

映評:7つの贈り物

ここのところ仕事やら事務処理やらイベントやら、色んなことが重なり更新が途絶えておりました…スミマセン。この一期間に見た映画で個人的にも記録しておきたいものも結構あり、またもやしばらくは映評が続くかもしれませんが、お時間のある方は寄っていってください。あまりそういったことをご希望でない方もこれを見て映画館に足を運んでいただければ幸いです。別に興行側から何かもらっている訳ではありませんが、私自身が“映画は映画館で見よう!”主義なもので。

そんなわけでまずはウィル・スミス主演『7つの贈り物』から。

『幸せのちから』の監督 ガブリエレ・ムッチーノとウィル・スミスが再び組んだ感動のヒューマン・ドラマ、という宣伝だけは執拗に繰り返され、肝心の内容のほうが情報量が少なくどうやらストーリー的にどんでんがあったりとかするのだろうと思っていました。私個人は通常は多少なりともあらすじだの他人の映評だのなんらかの情報を入れて見に行く人間なのですが、どうやらややストーリーを隠したがっているような宣伝の仕方に、通常とは逆に、何の予備知識も入れずに見に行きました。

簡単なあらすじを言うと(といってもネタバレしてしまうのでざっくり、ボカシて紹介します)、ウィル・スミス演じる主人公 ベンが自身の過去を清算するため自ら選んだ7人に次々と接触し、彼らに“運命変えてしまうような”贈り物を渡していく。というのが大まかなストーリー。     ってこれだけでは抽象的過ぎてまったく分からないでしょうが…しかしながら映画のつくりとして結構時間軸をいじっているので幾つか具体的な話をしようものなら先の展開が見透かされてしまうので残念ですがこの程度でご勘弁願います。

ストーリーの展開というか“どんでん”は気持ちいいです。脚本もシンプル、且つスマート。編集でストーリーを際立たせ、クライマックスまで見せきるいいストーリーの見本みたいなものです。クライマックスに向かっていくにつれそのからくりが分かっていく展開は本当に見事で、その分かり具合のさじ加減が“快感”です。例えて言うならば漫画の『課長 島耕作』が数々の仕事上の問題や人間関係をクリアしていって、またプライベートも充実させて、それでいて無事昇進し、成功も収め、最終的に『社長 島耕作』になるぐらいきもちいいです(ってこれって例えになってるかな?)。まあ両者ともに途中からは展開が読めて、それでいて逆にだまされてやった感がある、そのバランスみたいなものが非常に良くてストーリー的にもぐいぐい引き込まれ気持ちいいということなのですが…

ま、久々に万人にお勧めしたい映画だったなぁと映画館を出るときには素直に思いました。またネタバレしても良いという方は下の ネタバレしてもよい方はこちら 部分に書かれているのでご覧ください。いやぁ、しかし泣きましたよ。久々に。


c0162328_325670.jpg



c0162328_3253187.jpg



映画・ドラマ『7つの贈り物』

ネタバレしてもよい方はこちら
[PR]
by imao001 | 2009-03-19 09:03 | レビュー
ここしばらく麻生がTOPだったのでこれはまずいと新たに投稿しました。
大した意味はありませんが、ダブルミーニングです…
麻生がTOPだといろんな意味でよろしくないということでしょう、アクセス数も普通の記事の方が多いし…

なので大した内容はないのですが映画「7つの贈り物」のお話を。

宣伝ではウィル・スミスと “あの”「幸せのちから」の監督が再びコラボ!みたいなノリでしきりに広告を流しておりますが、これって果たしてヒキになるのでしょうか。確かに個人的には「幸せのちから」は非常に面白かったと思う。ウィル・スミスもたまに真面目な役をやらせるとリフレッシュになっていいんじゃないかと思うくらい演技は上々、演出も80年頃という舞台設定が見事にノスタルジーをかもし出していて映画自体も悪くなかった。しかし、そんなに「幸せのちから」は売れたのかなぁ。小粒な作品で良質ではあったけど…おそらく「幸せのちから」は結構健闘したので、それを一回り大きい興行規模にして、「幸せのちから」の客を引っ張ってこようということなんでしょうか。

ちなみにQUIGLEY PUBLISHING COMPANYという出版社が例年行っている、全米の映画館主と映画バイヤーの投票で決める『最も稼いだ映画スター』ランキングで、見事1位に輝いたのがウィル・スミス。おそらく「アイ・アム・レジェンド」「ハンコック」が非常に好調だったことからかとは思われますが…日本人には配給側が期待するほど実際はウィル・スミスに動員力ってないように思うんだけどなぁ。ま、果たして「7つの贈り物」はどうなるでしょうか。見たらまたレポートします。

※こっちはQUIGLEY PUBLISHING COMPANYとは違いますが参考までに

Excite エキサイト : 芸能ニュース「ウィル・スミスは最も金になる男」

※こっそりとウディ・ハレルソンが出演しているようなのでちょっと見る気が増しました ( ´∀`)

7つの贈り物 | ウーマンエキサイトシネマ

c0162328_22573036.jpg
[PR]
by imao001 | 2009-02-15 23:04 | 日記