映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

タグ:イサム・ノグチ ( 1 ) タグの人気記事

映評:レオニー

なかなか面白い映画だったのでちょっと書き残しておきます。倍賞美津子主演の「ユキエ」など、女性を主人公に地味なテーマもしっとり仕上げる(という勝手な印象を持ってます)松井久子監督の新作、タイトルは「レオニー」です。

物語の主人公はタイトルにあるレオニー・ギルモア嬢。この方あの著名な彫刻家イサム・ノグチの母親で、イサム・ノグチとともにアメリカ、そして日本で厳しい時代を生き抜いてきた人物。物語は日本人の子を宿したレオニーが、潔く自信の選んだ運命を引き受け、自分らしく生きていく姿を追った人物史です。あまり著名でない外国の人物譚は興行的にも厳しいのでしょうが、観に行ったときは休日ということもあってか結構お客さんが入ってました。

前置きはさておき中身の話へといきますと、舞台は20世紀初頭のニューヨーク。キャリアウーマンの先駆け的な印象の主人公、レオニーは、作家の野口米次郎(イサム・ノグチの父)と出会う。やがて、二人は愛し合うようになりレオニーは、献身的に彼を支え、仕事面でも彼は注目されるべき才能だ、と様々な出版社に彼をプロデュースしていく。野口米次郎との厳しくも信念を持った生活、献身的に支えるその姿は、当時のニューヨークの雰囲気を蘇らせたかのような雰囲気(もちろんその時代のことはよく知りませんが)で、なかなか迫力ある時代描写です。そんななか彼女は妊娠、イサム・ノグチを宿すのですが、米次郎は突然日本へ帰国、 一人残されたレオニーは、未婚のまま子どもを産む決意をし、波乱の人生を歩み始めます。

一旦映画が始まると、一時期のジェームズ・アイボリーのごとく巧みな陰影と色彩で映画にググイッと惹きつけられます。これだけでも十分見る価値はありますが、なかなかリアリスティックな描写や美術に“固いアート映画”と感じるかもしれませんが、そのへんは地味ですが固い役者のアンサンブルで吹き飛ばしてくれます。ストーリーも実際のレオニーの人生が波乱に満ちていたらしく、引き込まれるエピソードが積み重なり結構感情移入しますし、レオニー役のエミリー・モーティマーの芝居もかなりイケテます。また、印象的に演出されている勅使川原三郎(この人のダンスは最高です!)や中村獅童(いきなりの正月公演決定。)の姿も結構好感が持てます。忙しい最中観に行く映画は外すと結構ショックが大きいですが、この映画は充分に満足して劇場を出れましたので、ぜひ見に行ってみることをおすすめします。

身勝手男を演じた中村獅童が「女性の視線がキツい」と苦笑い

c0162328_18303448.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-12-11 18:32 | レビュー