映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日「構想日本JIフォーラムで面白いイベントが有ります」と告知した件ですが、遅ればせながら追加情報も交えご報告します。

過日行われた『政治報道から卒業し、政治の中身を考える』ですが、パネリストが皆なかなかの個性派だったので終始、白熱した議論が飛び交う非常に実のあるよいフォーラムでした。逢坂さん、上杉さんがいらっしゃったのでメディアポピュリズム、記者クラブ制度などが興味深く聞けましたが、個人的にはニコ動の杉本さんやUSTの中川さんがいらっしゃったのでもっとメディアリテラシー、政治リテラシーの底上げをするのに、ネットメディアをどう活用するか、来たるべくネット選挙時代の有効なネットツールの使い方、なんてのが聞けても良かったかなと思いました。

また、実は先日、同じくJIフォーラムで今度は『新人国会議員大集合!大いに政治観を語る』というネタでフォーラムが開催されていたので、こちらも行ってまいりました。登壇新人議員は有田芳生氏石山敬貴氏大野元裕氏小熊慎司氏川口博氏小西洋之氏近藤和也氏柴田巧氏長谷川岳氏松田公太氏安井美沙子氏の11名。大討論とは言いがたかったものの個々の議員の考えが垣間見れてよかったかなと思います。特に印象に残ったのは川口博氏、小熊慎司氏のお二人。壇上では時間に制約もあって皆さんなかなか本音というところまでは出てきませんが(あ、お一人だけ完全なる失言で本音が飛び出ましたが…)、その後の交流会ではなかなかしたたかな小熊さん、見識豊かな川口さんに脱帽でした。

国会議員の方々など、そうそう一堂に会することはないのですから

ブログをご覧の皆さんも機会があったら、ちょっと物見遊山気分でもいいので

出かけてみてはいかがですか? 政治家に対する見方が変わりますよ。


c0162328_19161967.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-07-30 19:28 | 日記
上京以来、よく楽しみに観に行っていた映画祭の一つがPFFぴあフィルムフェスティバルでした。現在、その第32回ぴあフィルムフェスティバルが東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中です。仕事を始めてからは興味があるものに絞って足を運んでいましたが、今回は招待作品上映に惹かれる映画があるのでちょこっと告知(行きたいけど涙を飲んで我慢です)。

今回招待作品で特集されているのが、NYインディーズの雄、ジョン・カサヴェテスです。ニューヨークを舞台に、インディ独特の荒々しさ、生々しいインプロ、被写体をぐっと捉え続けるハンディのカメラ描写等々、この監督を褒めるのに正直、言葉を重ねる事など無意味だと思うくらい、カサヴェテスの映画を見た時の衝撃は素晴らしいです。ですのでみなさんも興味をもたれたら是非、その鷲掴みされる映像を体感してみてください。今回は「アメリカの影」「フェイシズ」「こわれゆく女」の三本が上映されます。

個人的には大学時代にちょうど公開された「アメリカの影」「フェイシズ」などは、アメリカンニューシネマにかぶれたアート系学生をノックアウトするには充分すぎるくらいのインパクトでしたし、「こわれゆく女」は見た後、このような監督がいるならば自分がどういった映像表現をしようと太刀打ち出来ない、と茫然自失になった記憶があるくらいの衝撃的出会いでした。私の中での三大巨匠にすぐさまランクインされ(ちなみに残り二人は、テオ・アンゲロプロス市川準という両極端の巨匠です)、翌日、すぐさま友人たちにオススメしていたのを覚えています。ニューヨーク・タフディレクターの体重が乗った骨太パンチ 三本、是非見てみてください。

c0162328_059357.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-07-21 00:07 | 日記