映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

映評:「わたし出すわ」

「間宮兄弟」の、というよりも我々の世代は「家族ゲーム」の、と言う方が通りがいい森田芳光監督の「(ハル)」以来12年ぶりのオリジナル脚本・最新作「わたし出すわ」

ストーリーはいたってシンプル。東京から故郷へと戻ってきた主人公がなぜゆえかかなりの大金を持っており、その大金を惜しげもなく友人の夢や希望の実現のため差し出し続ける。主人公の目的はいったい何なのか… という、ちょっと聞くとミステリアスな展開を想像してしまうストーリー。

心地よい導入部の展開だけでなく、主人公の名前が山吹摩耶(マヤ)という雰囲気ある名前で、かつ演じるのが小雪とくれば、観客はもうそのミステリアスさにすんなり感情移入できる。その後も謎めく摩耶の行動に、観客はある種“快感”にも似たはまり具合を覚え、そのまま『だまされてもイイや…』との感情で映画に身を任せる。この映画は感覚的に言ってしまうとそういう映画なのだが、鑑賞後の感覚は非常に納得できる、人間に大事なものは何か?ということを再確認させる映画である。この映画で森田監督が描いているのは、地球上の他の動物にはない、人間だけが与えられた大事ないくつかのものを表現している様に思う。それは“夢”であったり、“お金”であったり、“言葉”であったり… 「わたし出すわ」は、人間だけが自由に扱うことを許されたこれらのものをめぐっても、決してイヤらしくなく、温かく物語が進行する。舞台は北海道なのに、とても温かく、見終わった後は心地よい安堵感の中、劇場をあとに出来る。それはこの映画が単なる“お金”にまつわるヒューマンドラマであるだけでなく、(あまりにも陳腐な物言いだが)お金では買えない“幸せ”にまつわるヒューマンドラマだからである。最近では理想すらかたることがない映画も多い中、森田監督は「(ハル)」でも見せた、デジタルではない独特の感性で現代を描写し続けているように思う。

c0162328_2334911.jpg
[PR]
by imao001 | 2009-11-30 20:26 | レビュー

円高、喜ぶに喜べん

最近、円高に乗じてソフトや特殊なプラグインを海外で購入。
お得お得などと喜んではいたものの、いやはや、もしかしたらもっと高くなるわけ?
海外とのお取引がないし、サービス産業だからこんな事が言えますが、正直恐ろしい域に入ってきてませんか?
[PR]
by imao001 | 2009-11-20 22:42 | 日記

いやはや

最近制作での忙しさやら、社内業務での忙しさやらに追い立てられて、ブログ更新怠っておりました。
数少ないこのブログの読者の皆様、大変失礼しました。今後は愚直に更新していこうと思います。
日々の業務内容も、個人的な余裕もようやくもとの調子に戻りそうなので取り急ぎご報告です。
あ、それと世間で興味があったこともちょっと一言。

亀井氏、早期の新党目指す【47NEWS】
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2009/11/16【共同通信】
亀井氏、早期の新党目指す 田中、平沼氏は慎重姿勢

 国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は16日夕、新党日本(田中康夫代表)と保守系無所属の平沼赳夫元経済産業相が率いる「平沼グループ」との新党構想について「今週あたりに話を煮詰めていく」と表明、早期の実現を目指す考えを強調した。

(以下 こちら)
-------------------------------------------------------------------------------------------------

亀井静香さんはこれまでも密着取材等させていただいたこともあって、その風貌や言動からは思いもよらず、結構思慮深い方だということを知っています。また、一筋縄ではいかないやり手な議員とも感じてはいます。世間的にはやや旧来型の政治家風に見られてますし、ちょっと油断するとなにやら動き出すこの感じも正直、あまり人々には美しく映らないようです。今回も相手が新党日本の田中さんですから、これまたついつい深読みしたくなります(平沼さんとの新党構想は想像できましたが、田中さんとは!)。が、おそらくは亀井さんには単に(国民新党立ち上げ時期からずっと持ってきたであろう)埋没への危機感が根底にあるのではないかと思います。小泉自民時の、キャスティングボードが握れると立ち上げた新党も、自民、民主両天秤をかけたおかげでどちらからも冷遇され、現在は肥大化した民主のあおりを食って、与党とはいえ、大臣とはいえ、自身や国民新党の主張が通らない… そういったジレンマからか明確にキャスティングボードを握れるところまで数を押し上げたいのだと思います。

しかし、現在の民主党もそうですが、数あわせだけで物事が進んでいく政治はどうも腑に落ちません。亀井さんには数の論理だけでない形で与党内で発言、政権に物言う立場であってほしいのですがねぇ。

おまけに昨日はこんなことも!



って久々に更新したと思ったら政治ネタかい!
[PR]
by imao001 | 2009-11-19 08:12 | 日記