映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は衆院選投票日。私はすでに期日前投票を済ませてますので、街に出て人々の様子を見てみようと思います。投票所を出る人々の顔、喫茶店で談笑する人々の顔、街を歩く人々の顔、人々がどういった顔をして今日を過ごしているのか、ちょっと観察してみようと思います。これほどまでに人々の関心が政治に向いている日はないでしょうから、人々の顔に、これからの日本の未来が表れているんじゃないかと勝手に思ってます。

このブログを見ていただいている方で、もしまだ投票所へ行っていない人がいれば是非投票に行きましょう。「誰がやっても同じ」は自分の責任の放棄、「ご近所だから」とか「よく見かける人だから」は思考停止、「人に薦められたから」は責任の転嫁、自分の意思で、よく日本の未来を考えその一票を投票してみて下さい。きっとその瞬間も、そしてこれからも、笑顔になれると思います。
[PR]
by imao001 | 2009-08-30 11:05 | 政治

次は中部地方へ

選挙の取材が折り返し地点を過ぎ、状況にもやや変化が出てきた為、これまでの取材場所が少し変更になりました。具体的な場所は差し控えますが…こちらもやはり注目の選挙区です。私自身、元々育ちが福井県ということもあり、中部地方は馴染み深いところが多いです。選挙に関しては愛知県を除くと自民王国も多い土地柄でもあります。さて、そんな中部地方の様々な選挙区では今回、有権者はどういった行動にでるのでしょうか。私の向かう選挙区も一波乱ありそうです。波乱含みの展開も(少し)期待しつつ、では、行ってきます。
[PR]
by imao001 | 2009-08-17 00:05 | 政治

8月12日という日

4年前、私は地上波の番組で日航ジャンボ機墜落事故のドキュメント番組を制作しました。自分にとっては様々な出会いやご縁、深く考えさせられる話や、人々の想いなど、心底考えさせられることが多かった作品でした。以来、毎年8月12日、もしくはその近隣の日に御巣鷹の尾根に登らせてもらっています。山に登り、そこで様々な人々と出会い、改めて命の尊さを心に刻む… あの夏から24年が経ちましたが、登ってみて感じることは、ご遺族の心の中には癒えることのない傷や悲しみ、やり場のない怒りが今も依然として強くあるということです。この事故が風化することなく人々の記憶に残り、同じような痛ましい事故が今後二度と起こらないことを願ってやみません。

日航ジャンボ機墜落事故でお亡くなりになられた520名もの方々のご冥福をお祈りいたします。

c0162328_018422.jpg














「事故を風化させないでほしい」御巣鷹の尾根で

御巣鷹の尾根に慰霊登山 日航機事故24年
[PR]
by imao001 | 2009-08-12 22:52 | 日記

映評:レスラー

鑑賞後ふと思った。『三沢はこれを観ただろうか』と…

“これ”とはダーレン・アロノフスキー監督の『レスラー』。主演は、この映画で奇跡のカムバックを果たしたミッキー・ローク。ヴェネチア映画祭金獅子賞、ゴールデングローブ主演男優賞など数々の賞に輝き、特にヴェネチアではミッキー・ローク渾身の演技が大絶賛され、審査委員長を務めたヴィム・ヴェンダース監督も「胸をゆさぶる素晴らしい演技」とコメント、会場全体がロークに向けスタンディングオベーションをおくったという作品です。

ストーリーは単純明快。一時は国民的人気を誇ったレスラーの晩年の話です。ローク演じるランディは、体はもはやボロボロになり、私生活も上手く行かない中年レスラー。一時の栄華はどこへやら、現在は人気が下火になり、傷や怪我が絶えない。それでも彼はその苦境を耐えぬき、信念を持ってプロレスを続け、どん底人生から自力で這い上がろうとします。

物語としては別段大したことないと思えるんですが、鑑賞後の後味はというと胸の底に“ズシ~ン”と重たいオリのようなものが残ります。まぁとにかくミッキー・ロークの演技にはもう完敗。映画を見ている人の多くが自然と、そのプロレスラーの晩年の勇姿をミッキー・ロークの俳優人生と重ねあわせ見ていると思います。その不気味なまでのシンクロ感は、正直、涙なしでは観れない。そこへ来てブルース・スプリングスティーンの熱い歌声、娘役のエヴァン・レイチェル・ウッドの好演、これまたその全盛期をとうに越えてもなおすばらしい演技を披露するマリサ・トメイ、作品の様々な要素すべてが眩しい輝きでいっぱいの映画です。

また実は私、ちょっとしたプロレスファンでした。最近は全くといって良いほどご縁がなくなってしまいましたが、子供の頃は誰もが憧れていたようにタイガーマスクら(なぜか)マスクマンの勇姿に声援を送り、いつも「あそこであの技をかけて…」とか「こうしてこの技を繰り出し、フォールして…」などと勝手に試合展開などを妄想したものでした。また大学時代は、苦痛で顔をゆがませた時の私の顔が、友人曰く小橋健太氏に似ているとの事で、事あるごとに顔真似して皆を楽しませていました。それだけに先日の三沢選手の事故は、正直、胸が詰まる思いでした。そんな思いとともに見たこの『レスラー』。レスラーの華やかなところだけではない実際のリアルな姿が垣間見れた気がして少し嬉しかったです。

地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク

c0162328_11364555.jpg











(C)Niko Tavernese for all Wrestler photos

「このブログは面白い!」など思っていただけたら下のアイコンを押してください!

にほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by imao001 | 2009-08-07 00:34 | レビュー