映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

カテゴリ:日記( 55 )

只今、Apple Store が!

マック好きの方はお分かりかと思いますが、この画面、ちょっとわくわくしませんか?Apple Storeのページが更新作業に入っているということは、つまり、『新製品発表』!?現在、2009年10月20日、午後23時半を回ったところですが、早く更新されないか楽しみです。個人的にはMac Proの更なるフルモデルチェンジ(オール8Coreラインナップとか)を期待しますが、Blu-rayドライブ搭載のiMacでしょうか?はたまたクリスマスシーズン前に手の届きやすいMacBookのバージョンアップでしょうか?Mac Proは今年フルモデルチェンジしたし…、といやはや期待が膨らむ画面です。

c0162328_23434963.jpg
















安価な「Mac book」?

Blu-ray内蔵「iMac」?
[PR]
by imao001 | 2009-10-20 23:31 | 日記

大自然の知らせ

すでにニュース等でご存知の方も多いかと思いますが日本時間の30日、南太平洋の島国、サモアの近海でマグニチュード8.0もの大地震が発生しました。また2004年の傷あとがいえぬ中で再び、インドネシア・スマトラ島西岸沖でもマグニチュード7.6の地震が発生しました。近年の環境変化、異常気象には本当に驚きます。私のブログの右上にある写真はまさに今回地震のあったサモアの海岸で撮影したものです。この場所は大昔、活火山で溶け出した溶岩が海岸で冷やされ、岩の下に鍾乳洞のような空洞を作り、自然の波が押し寄せるたび鯨の潮吹きのように、その空洞を通った水が、岩場の間から吹き出るという不思議な海岸です。本当に自然と共存しているような国だったので、今回のマグニチュード8.0もの地震には本当に驚いています。またさりとて時間をおかずしてのインドネシア・スマトラ島地震。本当に大自然が何かしらのメッセージを我々に送っているのではないかと思えるほどの災害です。

私も今年東京の街を歩いていて、15年以上前には東京で聞くことも出来なかったクマゼミの鳴き声を耳にし、動物、昆虫の生息地域が変化してきている、亜熱帯のような暑い場所に暮らす生物も徐々にその生息域を北上させていると感じました。私が何気なく気付いたひとつの事象ではありますが、こういった環境、自然現象の変化やこの立て続けに起こった地震などを考えると、あぁ、人がこの地球に何かしらの影響を与えているのかもなぁ、地球温暖化や大きな自然の変化が起こっているなぁといやがおうにも感じさせられてしまいます。

今回の地震災害で被災・被害に遭われたサモア、インドネシアの皆様に、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

c0162328_17185414.jpg













<サモア地震>「村が丸ごとのみ込まれた」
[PR]
by imao001 | 2009-10-01 17:15 | 日記

8月12日という日

4年前、私は地上波の番組で日航ジャンボ機墜落事故のドキュメント番組を制作しました。自分にとっては様々な出会いやご縁、深く考えさせられる話や、人々の想いなど、心底考えさせられることが多かった作品でした。以来、毎年8月12日、もしくはその近隣の日に御巣鷹の尾根に登らせてもらっています。山に登り、そこで様々な人々と出会い、改めて命の尊さを心に刻む… あの夏から24年が経ちましたが、登ってみて感じることは、ご遺族の心の中には癒えることのない傷や悲しみ、やり場のない怒りが今も依然として強くあるということです。この事故が風化することなく人々の記憶に残り、同じような痛ましい事故が今後二度と起こらないことを願ってやみません。

日航ジャンボ機墜落事故でお亡くなりになられた520名もの方々のご冥福をお祈りいたします。

c0162328_018422.jpg














「事故を風化させないでほしい」御巣鷹の尾根で

御巣鷹の尾根に慰霊登山 日航機事故24年
[PR]
by imao001 | 2009-08-12 22:52 | 日記

8月30日投開票

前代未聞の解散予告という技で、麻生首相の下での解散・総選挙がようやく決まりました。

7月21日解散、8月18日公示、8月30日投開票。

内輪話ではありますがこのスケジュール、某テレビ局にとってはちょっと深刻な問題を抱えています…
それはさておき、追い込まれたとはいえ、自身で解散、そしていわゆる“麻生おろし”を封じ込めるこの奇策にやや驚きました。苦肉の策とはいえ、ひとまず自民党にとっても仕切りなおして選挙に邁進できるでしょうし、また民主党や、他の野党にとっても不毛な駆け引きを行わなくてもよくなるでしょうから、とりあえずは良いのではないでしょうか。国民にとっても、本当に政権交代が必要なのか、自民党政権はダメなのか、代議士の人々が国民の代表たる仕事をしてきたのか、等々、様々な視点からようやく審判が下せます。とはいってもまだまだ予断は許しません。反麻生の自民議員がこのまま素直に総選挙に突き進もうとするかは判りませんし、キャスティングボード狙いの離党、結党など様々な動きも予想されます。ただ言えることは、私たち国民はこれまでの事実をしっかり踏まえた上で、各候補者や、各政党の考え、マニフェストを比較検討し、投票日に、自身の思いを1票に託さなければならない、ということです。

来る衆議院議員選挙には皆さん、是非、投票所に足を運び、一票を投じましょう。

麻生首相 「逃げずに戦う」
[PR]
by imao001 | 2009-07-14 00:31 | 日記

2009 都議選に思う

都政にも政権交代を、と、国政での民主党の勢いをそのままに、都議選でも民主が圧勝しました。自民党は “一地方選” と国政への影響を最小限にしようと躍起になっていましたが、都民にとっては『一足お先に審判を下しました』といったところでしょうか。

しかしこの結果、私個人の想像をはるかに越えていました。民主の15議席程度の上積みは想像していましたが、よもや自・公が過半数を割ってしまうとは… また自公民以外の候補者、生活者ネットや共産党、無所属の現職が大きな影響を受け、少数意見は不要であるかのごとき厳しい結果となった事ももうひとつの驚きです。少数政党や無所属の声が失われてしまうことはそれはそれで大きな損失とも思いますので。

都議選で民主大躍進

いつもはあまり笑わない岡田幹事長が笑っている…
c0162328_1221431.jpg
[PR]
by imao001 | 2009-07-13 00:19 | 日記

いいね!イイネ!

c0162328_145698.jpg













ちょっとうれしい音楽PVがあったのでご紹介します。音楽PVの映像にことさら興味があるわけではありませんが、ちょっとこのPVには嫉妬しました。同じ表現者として。

昨今アーチストのPVといってもかつてのような奇抜さや別段驚くような映像表現やアイデアがあるわけでなく、正直凡庸なものが多いなぁ…と思ってました。(PV作成者の方スミマセン!)もちろんかつてのように環境の自由さもなくなり、予算も削られ厳しい状況下での制作を強いられているかとは思うので、クリエイターの方々の心中もお察し致します。でも、なかにはこんなこと考える人もいるんだなぁって心底うれしくなってしまいました。是非最後までお楽しみ下さい。SOURというバンドの新曲「日々の音色」です。音楽もイイですよ!

SOUR official site

作ったクリエイター「kawamura」さんのBlog


[PR]
by imao001 | 2009-07-09 23:18 | 日記
新宿でまたおいしい沖縄料理のお店を発見したのでさっそくご紹介。最近ちょっと沖縄料理にハマッてます!そのお店の名前は『沖縄そば うふや~』

こんなネタばっかり書いてると沖縄料理店のまわしもの!?などと思われそうですが、私にはなぜか無性にソーキそばが食べたくなる時があって、街中を沖縄料理屋を探し、彷徨った挙句見つからず、食事を断念する…なんてこともあるくらいなので、実際にソーキそばにありつけて食べれた日には、大抵 大満足して帰ってくるので、ついつい食べた後の感想も書きたくなってしまうんです。お許しください。

さてこの『沖縄そば うふや~』、5月の2日にオープンした出来立てホヤホヤのお店。お店の作りも沖縄らしさが出ていて結構好感がもてます。店内に入ってさっそく注文したのはお店の看板メニューらしき「うふやー定食」。ソーキそばに白ご飯、骨までかじれるソーキ肉、お漬物のワンセットでお値段900円。白ご飯をジューシー(炊き込みご飯)に変えられるセットもあるようですが、この日はそばを目的に入ったのでシンプルにいきました。

さてお味はといいますと… スープの出汁が効いていてイイ!麺も八重山ソバっぽい麺で、細麺だけどコシがしっかりして美味しい。骨まで食べられるソーキがセットだったのでボリューム満点。ソーキもじっくりと煮込んであるので骨まで食べられました!(といいつつひとつはちょっと硬かったですが…)新宿界隈は沖縄料理屋が多いですが、お昼などにちょっと立ち寄るにはなかなかです。

とここまでメニューを力説してましたが、そのお味以上に、超イチオシしておかなければいけないことがあります!それはこちらのお店の看板娘!定食を注文し、さっそく出てきたソーキそばを夢中で食べていたところ、カウンターの中からなにやら視線が… 「ん?」と、その視線の方向を見上げるとなんと!

厨房に“長澤まさみ”さんが!!!!

と、動揺しながらよくよく見るとちょっと違う。もちろん別人でしたがその横顔たるや長澤まさみに激似!おまけにびっくりして目線があうたび愛くるしいスマイルが送られて真剣にドキドキしてしまいました!おいおい!会社にリンク貼ってるブログになんて事書いてるんだ、と怒られそうですがホントにびっくりしたもんで書かずにいられませんでした。(´・_・`)ゞ ま、その激似度につきましてはぜひご自身の目で確かめてください!

※おっとこのブログの記事、看板娘のスマイルにやられてびっくりマークが14個も付いてる“!”
※ちなみに沖縄の大家(うふや~)とは関係ないのとコーレグースが既製品だったのが残念でした。

c0162328_1232843.jpg


















カップラーメンにも沖縄旋風!

こういうのも東京で開催して欲しい!「沖縄そば博」
[PR]
by imao001 | 2009-05-30 12:37 | 日記
私は学生時代、東京・池袋の北西にある街 江古田というところに通っていました。当時はよく、くつろげる喫茶店を探しては授業をサボったり、色んなお店を飲み歩いたりしたものです。江古田は喫茶店の密集率が日本一の街だそうで(いまはかなり減ってしまっているように思えますが…)、通りをちょっと歩けば喫茶店にぶつかるというくらい本当にゴロゴロあって、まさにサボるには…、いえいえ授業の予習復習などにはうってつけでした。

そんな中でも当時も足繁く通い、今でもイチオシなのが「パーラー トキ」。一応“パーラー”と称しているのでおしゃれ感を演出しようとはしているのですが、なんせ江古田最古の喫茶店だけあって、その佇まいではお世辞にもオシャレとは言いがたい… でもある種の昭和のノスタルジーが醸し出されてなかなかいい味出してますし、私もこの雰囲気、嫌いではないです。

さて料理はといいますと、多くのメニューがなかなかのお味なのですが、そんな中でも私が個人的に好きなのは「カレー」。お値段も580円とお得でこれがまた美味しい!カレーチェーン店が無かった時代には気軽にお袋の味的なカレーが食べられるお店は非常に重宝しました。(意外に?)丁寧に作られていてなにやら隠し味ののスパイスも入っていたのではないかと記憶しています(でも過大な期待は禁物です、なんたって“パーラー”ですから)。これで580円は学生にとっては本当に有難いです。

またここはあることでとても有名なお店。その“あること”とは料理のボリューム。学生当時もその料理の量の多さは有名で、大飯喰らいの学生達は昼夜問わず通っていたものでした。今では到底食べきることができないナポリタンや定食類など、まぁよく採算が取れるなぁといったボリューム。スパゲッティの得盛りに至ってはもうお皿がお盆と化しています… 以前、世田谷の若林に住んでいたときに国士舘大学の学生向けに営業していたお店(これまた店名失念…)もそのボリュームに衝撃を受けた覚えがありますが、学生街というところは大盛り文化が根付いているんでしょうねぇ。
c0162328_9224490.jpg

















肝心の『カレー』を撮ってくるのを忘れた!
[PR]
by imao001 | 2009-05-25 09:24 | 日記
先日、テレビ朝日の報道ステーションで夕張の中学生の子供たちの話をやっていました。
炭鉱の町として栄えた北海道 夕張市は、夕張メロンの生産地としても名高いですが、また一方で税収難等により破綻状態にある、いわゆる財政再建団体に指定された自治体としても有名です。その夕張市の中学校では財政難のあおりも受け、今中学校が立て続けに廃校しているそうです。もちろん少子化、また地方の過疎化という問題も加味されているのだろうけれども、その閉校となった学校の数は人口13000人の街にしてはちょっと多いなぁと素直に思います。

その夕張のある中学校が“キャリア教育の一貫”ということで修学旅行の際、夕張のPRのため都庁でイベントを開いていたというのです(ま、イベントというか地域フェアみたいなものですね)。特産の夕張メロンや福袋を販売、昼過ぎには完売したというのですが、その放送の際、説明の映像として流された夕張の子供たちの映像に素直に感動しました。

夕張のこどもたちは市の財政難を真剣に捉えていて、『財政再建をしなければ夕張に人は戻ってこない』『市長や議員だけでなく自分達市民にも責任がある』向けられたテレビカメラにはっきりと自分の考えていることを伝えているのです。そして実際、彼らは具体的に行動もしている。メロン農家の家を手伝い、故郷のために将来こうしたいと考え、修学旅行というお膳立てがされた状況だったとしても、声を張り上げ誇りを持って故郷をアピールし、メロンを販売する… それはやはり問題を自身の事柄として捉え、一市民としてこの行き詰まった状況を改善しなければいけない、と考えているのだからだと思います。故郷への誇りや愛情が中学生の彼らを大人にしているのだなぁとつくづく思いました。

このことはまた、私はいろんなことに対して当てはまると思います。例えば今の国政であるとか、政治だけでなく、会社の経営や社員教育などにも深く通じているとも思いました。愛国心、会社愛、自己愛、この場合は郷土愛というかんじでしょうか、○○愛という言葉は、ちょっと照れくさく恥ずかしいものではありますが、決して忘れてはいけない言葉だなと、誇りをもって故郷をPRし、都庁でメロンなどを販売しているこども達の姿、眼差しを見て、教えられたと正直感じました。

今年も夕張メロン初競りです。

でも初競り やや“暴落”… 

こんなところにも破綻の影響があったんです… 「復活2年目!ゆうばり映画祭」
[PR]
by imao001 | 2009-05-18 09:47 | 日記
先日の福井ネタがなぜか反響があったのでもうひとつ。
私がよく拝見する福井出身の社長「福野泰介@jig.jp」さんのブログに、まさに福井を愛する者ならではの“ご当地ソング”(とでもいえばいいのか?)があったので私もペタッと張ってみました。イヤ、ほんとに福井県民だったら爆笑しつつ感慨にふけってしまう謎めいた歌です。お時間ある方は見ていってください。



ちなみに別バージョンもご用意されていて別バージョンの3分38秒あたりが私の実家付近です(笑)
実家に戻ることはあまりないし、福井で車を運転したことは一度もない自分にとって、このドライブショットは擬似的に帰郷の感じを得られて面白かった!こちらの方も是非!


[PR]
by imao001 | 2009-04-10 21:10 | 日記