映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

カテゴリ:日記( 55 )

東日本大震災の被災地、及び関係者の方々には謹んでお見舞い申し上げます。

このような状況ではございますが、ジーマでは出来る限り通常の経済活動を続けることで、

微力ではございますが、この日本に活力を取り戻し、ひいては、災害地の方々への

何らかの支えとなれれば思っております。

今回の震災では想像を絶する事態に言葉を失うばかりですが、私たちにも力になれることは

必ずあるはずと考え、自らが社会に貢献できるよう努力、行動したいと思います。

被害に遭われた方々のご無事と、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


株式会社ジーマ 代表取締役社長 香川今生


Google募金情報まとめ

Google消息情報

Yahoo!通信各社災害用伝言板

日本赤十字社 義援金・救援物資について


exite 地震関連情報まとめリンク
[PR]
by imao001 | 2011-03-15 10:52 | 日記

キネ旬ベストテン 発表

年が明けると何かと賑やかになる映画の賞レース。個人的には結果についてはあまり気にならないのですが、この「キネマ旬報」のベストテンは趣味嗜好が自分と似通っているのか、自分の好みの作品もよく上位で評価されてるので自分の中でもけっこう惹かれる賞レースです。

今年の邦画は突出した作品が少なかったのでしょうか、蓋を開けてみればやはり「悪人」が高支持率を得て、日本映画ベスト1、監督賞、脚本賞と他の作品を圧倒している感じです。「悪人」は「ゆれる」なんかと同じで素直に魂を揺さぶられる感じでよかったです。未見の方は是非劇場でご鑑賞下さい。賛否が多い「告白」は個人的には“否”の評価なので、ちょっと2位はなんだかなぁという感じもうけますが、「ヘヴンズストーリー」「十三人の刺客」以下、各作品の評価はけっこう納得出来るランキングだと思います。外国語映画も「息もできない」「インビクタス」と納得の作品が上位を占めていて、二番館(最近はこんな言い方しないか…)など再上映されたらまた見に行きたいものも多いですね。

なかでも注目は新人女優賞の桜庭ななみさんです。率直に言うと最初はただのグラビアアイドルだと思ってたんですが、彼女の演技には年齢相応の新鮮さと、妙な安定感というか、ひとつひとつの芝居でもなにか確かさのようなものがあり、個人的には将来が期待される女優さんです。「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」は初々しさが素直に表現されていましたし、「最後の忠臣蔵」の方は役所広司相手に若いなりにも存在感を残していて、直感的に将来への伸びしろを感じました。

予告やPR、映評を見て映画に行き、映画雑誌などを読んで鑑賞後の余韻を味わい、こうして年度末には賞レースを予想する… 昔はこれを日々の楽しみに生きてきました。年々映画を観る本数が減ってきた現在ですが、そんななかでもなんとかいい映画を見ようと考える時には、キネ旬はひとつの確かなものさしになっています。別にキネ旬の回し者ではないですが、良い書籍はいつまでも読者を引きつけてデジタル化に負けないでいただきたいものです。

c0162328_23202961.jpgc0162328_23212167.jpg










「悪人」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by imao001 | 2011-02-04 20:02 | 日記
新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくご愛顧のほど、お願い申し上げます。

と言いつつも、年明けからあっという間に1週間が経ってしまいました。
昨年末、年明けと依然変わらぬドタバタ状態ではありますが、新年の営業日から新規映像制作案件のお問い合わせや、UST配信案件の発注などなど、様々なお問い合わせを頂き、今年も皆様のお役に立てる映像を、しっかりと世に送り出していかなければと気持ちを新たにしている今日でございます。

昨年、ジーマではUST配信案件の増加に加え、iPhoneアプリ開発と、弱小企業のわりに思い切った展開ができた年でもありました。今年はその勢いをそのままに、より一層皆様のご期待に応えられる映像をつくりだしていきたいと思います。改めて、本年も宜しくご愛顧の程お願い申し上げます。

2011年 新春 株式会社ジーマ 代表取締役社長 香川今生

c0162328_19311254.jpg

































弊社開発 iPhoneアプリ第1弾 「ガラガラPON!」

フジテレビ「淳の休日」 グアムからのIP生中継
[PR]
by imao001 | 2011-01-10 12:25 | 日記

暑中お見舞代わりに

暑中お見舞い申し上げます

連日厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


これくらいの暑さになると、表に出るにも「タオル」に「ペットボトルのお茶」「扇子」などはもはや必需品。中には自己流暑さ対策で「フェイシャルシート」や「冷却スプレー」「しろくまのきもち」なんてのも営業の方なんかだったら結構持っている方いるんじゃないでしょうか。私は、夏はもっぱら「井村屋 あずきバー」で涼しんでいたのですが、この夏からはある最高のデザートを発見したのでご報告します。

その名も    「七色茶屋 至福の口どけとろける水ようかん」

東京で購入できる「水ようかん」はほんのりもっちりした食感で、中にはあずき、おもちなどが包まれているものもあったりして、そのヘビーな味わいに“THE 和菓子”“和菓子のグランマ”みたいに感じる、あのよくある涼菓子です。

ところが福井県民に言わせると、水ようかんはぷるるん、さっぱり、ほんのり甘く、くちどけ爽やか、さらに言えば、水ようかんといえば「えがわの水ようかん」でなければならない!それ以外は水ようかんではない!というくらい水ようかん=「えがわの水ようかん」です。福井県民ならば冬場のこたつの中だけに限らず(福井では水ようかんは冬の食べ物です)、この暑い夏だからこそ食べたい!と思わせる至高のデザートの水ようかんなのですが、なぜか東京には売っていません。上京して20年、様々なお店を探しましたが(これ本当)、ここ東京で福井県民の考える水ようかん=「えがわの水ようかん」(別に「鶴が家の水羊かん」でもいいんですけど…)を目にすることはありませんでした。

ところが!今日、何気なくセブンイレブンのデザートのリーチインを見ていると、な、な、なんと、福井県民の考える水ようかんっぽいものが並んでいるではありませんか。恐る恐る手に取り、その滑らかさ、ぷるるん具合を確認するとどうやらそれっぽい。で、早速購入して食べてみると!!!やや砂糖の甘さが主張しているものの「えがわの水ようかん」にそっくり!紙のケースには入っていませんが、味は福井県民も納得の「Genuine水ようかん」です。

もしお近くのセブンイレブンにあったら是非購入して食してみてください。きっとその美味しさに暑さも和らぐでしょう。そして、きっと福井の冬の味がするでしょう。

※ちなみに7月1日はあずきバーの日だそうです。

c0162328_9364678.gif

c0162328_2442238.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-08-04 00:11 | 日記
先日「構想日本JIフォーラムで面白いイベントが有ります」と告知した件ですが、遅ればせながら追加情報も交えご報告します。

過日行われた『政治報道から卒業し、政治の中身を考える』ですが、パネリストが皆なかなかの個性派だったので終始、白熱した議論が飛び交う非常に実のあるよいフォーラムでした。逢坂さん、上杉さんがいらっしゃったのでメディアポピュリズム、記者クラブ制度などが興味深く聞けましたが、個人的にはニコ動の杉本さんやUSTの中川さんがいらっしゃったのでもっとメディアリテラシー、政治リテラシーの底上げをするのに、ネットメディアをどう活用するか、来たるべくネット選挙時代の有効なネットツールの使い方、なんてのが聞けても良かったかなと思いました。

また、実は先日、同じくJIフォーラムで今度は『新人国会議員大集合!大いに政治観を語る』というネタでフォーラムが開催されていたので、こちらも行ってまいりました。登壇新人議員は有田芳生氏石山敬貴氏大野元裕氏小熊慎司氏川口博氏小西洋之氏近藤和也氏柴田巧氏長谷川岳氏松田公太氏安井美沙子氏の11名。大討論とは言いがたかったものの個々の議員の考えが垣間見れてよかったかなと思います。特に印象に残ったのは川口博氏、小熊慎司氏のお二人。壇上では時間に制約もあって皆さんなかなか本音というところまでは出てきませんが(あ、お一人だけ完全なる失言で本音が飛び出ましたが…)、その後の交流会ではなかなかしたたかな小熊さん、見識豊かな川口さんに脱帽でした。

国会議員の方々など、そうそう一堂に会することはないのですから

ブログをご覧の皆さんも機会があったら、ちょっと物見遊山気分でもいいので

出かけてみてはいかがですか? 政治家に対する見方が変わりますよ。


c0162328_19161967.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-07-30 19:28 | 日記
上京以来、よく楽しみに観に行っていた映画祭の一つがPFFぴあフィルムフェスティバルでした。現在、その第32回ぴあフィルムフェスティバルが東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中です。仕事を始めてからは興味があるものに絞って足を運んでいましたが、今回は招待作品上映に惹かれる映画があるのでちょこっと告知(行きたいけど涙を飲んで我慢です)。

今回招待作品で特集されているのが、NYインディーズの雄、ジョン・カサヴェテスです。ニューヨークを舞台に、インディ独特の荒々しさ、生々しいインプロ、被写体をぐっと捉え続けるハンディのカメラ描写等々、この監督を褒めるのに正直、言葉を重ねる事など無意味だと思うくらい、カサヴェテスの映画を見た時の衝撃は素晴らしいです。ですのでみなさんも興味をもたれたら是非、その鷲掴みされる映像を体感してみてください。今回は「アメリカの影」「フェイシズ」「こわれゆく女」の三本が上映されます。

個人的には大学時代にちょうど公開された「アメリカの影」「フェイシズ」などは、アメリカンニューシネマにかぶれたアート系学生をノックアウトするには充分すぎるくらいのインパクトでしたし、「こわれゆく女」は見た後、このような監督がいるならば自分がどういった映像表現をしようと太刀打ち出来ない、と茫然自失になった記憶があるくらいの衝撃的出会いでした。私の中での三大巨匠にすぐさまランクインされ(ちなみに残り二人は、テオ・アンゲロプロス市川準という両極端の巨匠です)、翌日、すぐさま友人たちにオススメしていたのを覚えています。ニューヨーク・タフディレクターの体重が乗った骨太パンチ 三本、是非見てみてください。

c0162328_059357.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-07-21 00:07 | 日記
急な話で恐縮ですがよくお世話になっているシンクタンク 構想日本さんで明日、面白いフォーラムがあるので少し宣伝を。その前に“構想日本”さんのご紹介を簡単にさせていただくと、構想日本さんは、日本には珍しいNPO法人のシンクタンクです。シンクタンクと言っても特定業界に耳障りのいい事しか言わない銀行や生保系列のシンクタンクと違い、完全独立・非営利のシンクタンクです。つまりクライアントからの受託調査などもなく、系列会社や関連企業のしがらみなどもないため、真っ当な批判が言える数少ないシンクタンクと言えるでしょう。構想日本は、今話題の“事業仕分け”やかつては“道路公団解体”などこれまで市民のためになる施策をまっさきに提言し、日本の行政の具体的な取り組みや問題点をいろんな形で提案してきました。

その構想日本が明日行うフォーラムがこちら

『政治報道から卒業し、政治の中身を考える』

なぜこのイベントをお知らせするかというと、一言で言ってしまえば、私は、市民ひとりひとりがメディアリテラシーを持って、マスメディアの情報に左右されることなく自分の判断で政治と向きあおうよ、と感じているからです。これまでメディアの仕事(特にテレビの報道に関して)に携わっていた私がいうのも矛盾しているかもしれませんが、私自身もある時から自分のやっていることに疑問を感じ始め、マスメディアで伝えることが必ずしも事の本質ではない、マスで伝えられていない大事なことが沢山ある、そう思っているからです。この多チャンネルというか、様々なメディアがあって、情報を取捨選択できる現代だからこそ、同時にリテラシー能力を高めなければいけないと思っているからです。今回参加者の中にフリージャーナリストの上杉隆さんがいらっしゃいますが、記者クラブ廃止の流れや、官房機密費の話など既存のメディアに抗う形で情報発信してきた癖のあるジャーナリストが登壇者でもありコーディネーターを務めます。きっと表にでない面白い話から、リテラシーを高める実のある話が聞けると思います。もし興味を持たれましたら直接構想日本の方へご連絡ください。確認はとっておりませんが定員に達してなければ参加可能かと思います。私もちょっと楽しんで、いやいやお勉強してこようと思います。

c0162328_23133171.jpg
[PR]
by imao001 | 2010-06-29 21:30 | 日記

初めて見た!

ツイッターがアクセス出来ず、こんな画面が。
余り見ることが出来ない画面ってなにかちょっとプレミア感があって嬉しい。

c0162328_14483956.jpg














でもまだ直らない… サーバー周りかな?

c0162328_14564441.jpg













ツイッターエンジニアの「鯨たくさん出してごめんね」のブログ

[PR]
by imao001 | 2010-06-15 14:48 | 日記

ネット選挙解禁は見送り

鳩山首相退陣前後から結構私的にもドタバタしており、気がつけば梅雨入り。そして“もしや流れるの?”と思っていたネット選挙運動解禁の法案(正確には「公職選挙法改正案」です)も、気づけば迷走の挙句、成立が見送られていました。ご祝儀相場の内にやっちまえ~的な雰囲気で、参院選投票日を国会延長なしで7月11日に決定したため、ネット選挙運動の機会がまたもや延長です。

国会を延長しても法案の性質上は審議期間が足りなかったかもしれませんが、協議会(インターネットを使った選挙運動解禁についての協議会、座長は民主党 桜井充氏)のメールやツイッターの制限(というか自主規制)には納得がいかなかったですし、協議会の迷走っぷりには見ていてがっかりでしたが、結局は法案成立見送りって…



いっそのこと審議中だった改正案は廃案にして

メールやツイッターの可能性もこれまで以上に議論して

より充実した市民のためのネット選挙運動解禁の法案を望みます




ネット選挙解禁はお流れに ?
[PR]
by imao001 | 2010-06-15 00:05 | 日記

あのCMの撮影場所が…

ご存じの方も多いかと思いますが、私は無類の映画好きです。かつては思い入れのあった映画などは、そのロケ地を旅して回るほど熱狂的でもありました。特に海外に行くことなどがあれば、空いた時間をロケ場所巡り、またはご当地映画ショップ巡りなどに費やしたものでした。なにやらこう聞くとかつての韓流ブーム時のおばさま方と大差ない気もしてきましたが…。

さて、突然ですが私の実家は福井県の越前市というところです。かつては武生市といい名物と言えば“越前打刃物”と“越前和紙” あとは独特の“越前おろしそば”と“幼少の頃紫式部が過ごした”という事以外にはさりとて有名な場所や物珍しい所があるわけでもありません。ところが、その実家の最寄り駅が最近注目を集めているというのです。なぜかと言うと、先日あるCMの撮影場所に使われ、前述した様にそのCMのファンがロケ地巡りに来て賑わっているのです。そのCMというのが2010年2月~3月に放送されたソフトバンクモバイルの白戸家「親孝行」篇。 ソフトバンクのカイくん扮する「おとうさん」と樋口可南子さん扮する「おかあさん」が実家に里帰りする様子のCMの中で実家の最寄り駅の駅舎、電車車両が使われたのです。

公式サイトにそのCMがない為、下の You tube の映像を御覧下さい。おとうさんの出身は福井県という設定になっているらしく、前半部の一乗谷は実際の福井市、一乗谷で撮影されています。おとうさんとおかあさんが電車を待つ駅が実家の最寄り駅で『北府駅』です。かつては駅名を“西武生駅”といっていたのですが平成の大合併の際、市の名称が“越前市”に変わったためでしょうか、武生という名称が入っていた駅名を変え、この3月から新たに“北府駅”となったようです。冬の厳しいときは映像にあるように雪がてんこもりに降り、通学にも苦労し、この列車を使って登校する友人も多くいました。朝夕以外は1時間に2本程度と結構不便な電車でしたがコールタールの懐かしい匂いがして、個人的には非常に好きな電車でした。そしてなんとこのCMがきっかけとなり、おとうさんがこの駅の名誉駅長に就任、隣の越前武生駅には駅長帽をかぶったおとうさんのぬいぐるみが常駐しているそうです(実際撮影した北府駅は無人駅のため隣の有人駅におかれている)。ちなみに、この駅舎、もうすぐ建て替えになるそうで、取り壊される前に一度、里帰りも兼ねて懐かしさを味わいに行ってみたいですねぇ。

ここがロケ地です

福井鉄道からのおしらせ

1分辺りから映像の駅舎が北府駅です。


c0162328_8502621.jpg














名誉駅長は“お父さん” 福武線北府駅にソフトバンク犬

お父さん犬:名誉駅長に 福井鉄道・北府駅

※越前に興味を持たれた方、下のバナーを押して頂ければブログ継続の励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 越前情報へ
懐かしの故郷 越前の情報
[PR]
by imao001 | 2010-05-06 08:48 | 日記