映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

劇評「羊と兵隊」

先日、岩松了演出の「羊と兵隊」を見た。
個人的なことだが本多劇場に足を運ぶのは大学時代以来およそ15年ぶりくらいになる。大学時代は下北にも足繁く通ったし、いろんな街で芝居も上演した。ところが卒業後は芝居から遠ざかっていたので、15年という月日に驚きはしたものの、それだけ足が遠のいていたとしても当然といえば当然だった。

さて、感傷に浸っていないで肝心のお芝居の中身の方である。
キャストに友人が出ている時は、普段は友人経由でチケットを取るのが普通なのだが、今回は観に行けるかどうか微妙なスケジュールだったのと、岩松演出にあまり興味がなかったこともあり、当初行かないつもりだった。ところが今回は別の友人経由でチケットが流れてきて、その上、楽日のマチネだったこともあり、“あら、お得だわ!”と、主婦的お得感を感じてしまい、やっぱり観に行くことにした。

内容の方ではあるが、初めての岩松作品ではあったものの台本による抵抗感などはなく楽しめた。
また俳優の演技やアンサンブルに関しても、最近見た小劇場の芝居の中で文句なく一級品だった。
しかしながら芝居が終わってみると何か腑に落ちない感があった。というより、腑に落ちない感で他の良さが全部失われたと思うほど。それはなぜか?帰りの食堂でよくよく考えるに、今、このご時世にチェーホフのごとき陰々滅々たる芝居を、それも時代背景を戦時中においてやる意味はあるのかが不思議だった。嗅覚鋭く、観客を放置してでも自身の選んだ台本、演出にこだわる演出家のわりには、今、演劇の世界で何が求められ、何を見せるべきかということに無神経のように思う。
芝居のスタイルや、形、演出の奇抜さありきで、つまらないお芝居が多い中、いわゆる新劇的な演技で、物語ることを超越しよう、物語に挑戦しようという気持ちは分からないではないのだが…
それにしてもとにかく『今見るべきお芝居ではない』というか、『今見ても面白いと思えないお芝居』だった。5年前、もしくは人々のたがが外れたバブル的な時代だったら楽しめたように思う。
[PR]
by imao001 | 2008-07-31 11:06 | レビュー