映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

年の瀬に、今年一番の驚き!!!

テレビや映像の仕事をしているといろんな方に出会います。番組では報道ネタなどをやっていることもあり本当に様々な職業の方、様々な境遇の方、様々な技術をお持ちの方等々、本当にこういった仕事をしていないと出会えないであろういろんな方と出会い、刺激を受けます。そんな中、この年の瀬に私は、確実に今年一番の驚きを受けた人と出会いました!!!と言うより再会しましたと言う方が正しいのですが…

昨日、大学時代の友人が子どもが生まれたと聞いて同窓会に出掛けました。来ていた面々と大学時代の話題などで盛り上がっていると、ふと話題が“テルミン”の話題に。昔、『テルミン』って映画あったなぁ、と予告の映像が頭に浮かび、棒がついた機械の前で手を振るあの一風変わった仕草(と言うか演奏法)を思い出した。話を聞き進めていくと子どもが生まれたその友人の奥さんが(彼女も同じ大学の同級生なのですが)テルミン奏者と言うことが判明!その上、その腕前は日本で3本の指に入るほどの腕前と聞いて、こりゃ聴かなきゃ損損、とばかりに無理を言って(スミマセンでした…)、本物のテルミンを演奏してもらいました。

初めての“生”テルミン、聴いた感想はというと、これが本当に 素晴らしい!軽やかに「星に祈りを」を演奏してくれたのですが、正直、本当にすごい。あ、これホンモノだ、と。携帯で写メをスタンバイしていたにもかかわらず撮影を忘れてしまうぐらい素晴らしい音色。意外にも電子音って心地良くて、鼓膜と反響している感じも充分な爽やかさがあって艶っぽい音色。電子の高音を流麗な音の波へと変えていくテルミン、いやはや感動でした。あれはまさしく演奏というシロモノですよ。変な電子音を想像していた自分が恥ずかしい今年最高の出来事でした。

※その後“マトリョミン”の話にもなり、なんじゃそりゃ?と話を聞いてみると、つまりはマトリューシカの中に“テルミン”が仕込まれていて、テルミンのように演奏できる、という代物らしいのですが、ちまたではこれもまた結構な人気らしく、こちらの方も「こんな音よ~」と巧みに演奏してくれました。

c0162328_15285584.jpg















テルミン奏者 濱田佳奈子さんのサイト   なんとブログもやっていた!
[PR]
by imao001 | 2009-12-27 10:17 | 日記