映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

懐かしの街“江古田”へ行ってきました

私は学生時代、東京・池袋の北西にある街 江古田というところに通っていました。当時はよく、くつろげる喫茶店を探しては授業をサボったり、色んなお店を飲み歩いたりしたものです。江古田は喫茶店の密集率が日本一の街だそうで(いまはかなり減ってしまっているように思えますが…)、通りをちょっと歩けば喫茶店にぶつかるというくらい本当にゴロゴロあって、まさにサボるには…、いえいえ授業の予習復習などにはうってつけでした。

そんな中でも当時も足繁く通い、今でもイチオシなのが「パーラー トキ」。一応“パーラー”と称しているのでおしゃれ感を演出しようとはしているのですが、なんせ江古田最古の喫茶店だけあって、その佇まいではお世辞にもオシャレとは言いがたい… でもある種の昭和のノスタルジーが醸し出されてなかなかいい味出してますし、私もこの雰囲気、嫌いではないです。

さて料理はといいますと、多くのメニューがなかなかのお味なのですが、そんな中でも私が個人的に好きなのは「カレー」。お値段も580円とお得でこれがまた美味しい!カレーチェーン店が無かった時代には気軽にお袋の味的なカレーが食べられるお店は非常に重宝しました。(意外に?)丁寧に作られていてなにやら隠し味ののスパイスも入っていたのではないかと記憶しています(でも過大な期待は禁物です、なんたって“パーラー”ですから)。これで580円は学生にとっては本当に有難いです。

またここはあることでとても有名なお店。その“あること”とは料理のボリューム。学生当時もその料理の量の多さは有名で、大飯喰らいの学生達は昼夜問わず通っていたものでした。今では到底食べきることができないナポリタンや定食類など、まぁよく採算が取れるなぁといったボリューム。スパゲッティの得盛りに至ってはもうお皿がお盆と化しています… 以前、世田谷の若林に住んでいたときに国士舘大学の学生向けに営業していたお店(これまた店名失念…)もそのボリュームに衝撃を受けた覚えがありますが、学生街というところは大盛り文化が根付いているんでしょうねぇ。
c0162328_9224490.jpg

















肝心の『カレー』を撮ってくるのを忘れた!
[PR]
by imao001 | 2009-05-25 09:24 | 日記