映像制作/USTREAM・IP配信会社のジーマ代表が、徒然なるままに書き綴る とりとめもない出来事、映像、映画業界のお話 http://ji-ma.tv/ http://ji-ma.jp/


by imao001

地デジ 大丈夫!?

年が明け、明るいニュースでブログのスタートを切っていきたいものですが、そう簡単にはいけそうもないですねぇ。下の記事は日本もおそらくは混乱が予想されるであろう“地デジ放送開始”のこと。タイトルは『今年2月17日の米デジタル放送開始にオバマ新政権が“待った”』とあり、内容でもおそらくは2年とちょっと後には日本でも話題になりそうな事柄が書かれています。

以下本文を少々引用しますと…

米の新オバマ政権が8日(木)アメリカ連邦議会に対し、2月17日(火)に開始が予定されているデジタル放送への移行の延期を求める案を提出した。 …中略… 現在の移行案は「非常に困難」であり、「問題点をそのままにしておくことは一般消費者に多大なる影響を及ぼす」ことになる。また、「変換のための政府予算は非常に不適当」だという。(バラエティ・ジャパン)

などと伝えているのですが、これ、日本もほぼ同じことが起こるといえます。その為受信機購入のための補助も議論されるでしょうし、地デジ放送完全移行延期の話題もおそらく取りざたされるでしょう。また、現在の景気の冷え込みが、今年、来年の一般家庭家電のデジタル移行の障害になるのは眼に見えてます。

それ以上に私が危惧しているのは、番組制作側のデジタル化への移行が猛烈に遅い!ということです。局の資本が入っているような大きな制作会社にはテクニカルに強い方はいらっしゃるかもしれませんが、多くの中小制作会社は機材導入もままならず、ハイビジョンでの番組制作にも未熟な会社が必要に迫られ、結局は粗製濫造を繰り返すのではないでしょうか。これまでのSD放送時のように制作管理が出来ずコスト高になって四苦八苦…ということも起こる可能性もあるのではないでしょうか。当の番組制作会社だけでなく局のほうにも(ローカルも含めてですが)、記事のような事柄や、制作体制の移行の点もこと地デジ放送に関しては高い認識が必要ではないかと思います。

Excite エキサイト : 芸能ニュース『米デジタル放送開始にオバマ新政権が“待った”』

c0162328_1427256.jpg

[PR]
by imao001 | 2009-01-10 14:29 | 日記